成分の種類と働き

ビタミンc誘導体の種類

ビタミンc誘導体というと、美白や美肌に大きな効果を発揮してくれる美容成分です。 多くの化粧品に配合されているようにマルチな働きに期待できて、様々な肌の悩みを改善してくれます。 化粧水などに含まれている水溶性のビタミンc誘導体は、角質層で水分とともに補給することができて、肌を柔らかくしてシミを防ぎ、皮脂コントロールをしたりしてくれます。 クリームなどに含まれているタイプは脂溶性で、水溶性のタイプよりもさらに肌の奥へと浸透しやすく、効果の持続時間が長いという特徴があります。 保湿力も高いですから、継続して使用することにより効果が発揮されやすくなります。 最近では水溶性と脂溶性の両方の効果を持っている、新型ビタミンc誘導体もありますから、用途や目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

アンチエイジングにも最適

マルチな働きをしてくれるビタミンc誘導体は、アンチエイジング効果も持っています。 老化を早めしまうのは活性酸素ですが、この活性酸素を抑え込む抗酸化作用に優れています。 また、年齢肌の悩みに多いシミを防ぐ役目も持っていて、メラニンの生成を抑えてシミができにくい肌になれます。 しわやたるみにも有効で、肌の奥のコラーゲンを増やす働きを持っているので、肌のハリや弾力を取り戻すことができて、しわやたるみの予防や改善に効果を発揮してくれます。 年齢的に目立ってくる毛穴の開きを引き締める効果があり、さらにたるみ予防にも有効なので、たるみ毛穴のケアとして取り入れるのに向いています。 また、加齢によってバリア機能の低下が起こって肌荒れしやすくなりますが、炎症を防いで肌荒れしにくくなります。